布と革のバッグ 作っています!



もの作りって、ともかく形にする前の段階がけっこう長いのです。
・どういうデザインにするか?
・どういう手順で組み立てるか?
・生地を広げて、どこにどの部分を持っていったらベストか?

ドキドキしながら、失敗しないように冷静に、さもないとちょっとメジャーの見間違いで、寸法が違っちゃうこともたまにあったりして。
だいぶ目が怪しくなって来ているので、けっこうこれが危ない・・・
本当に生地をカットする時が一番緊張する瞬間です。

・次に全体に裏に貼る芯地をサイズに切って貼ります。部分的に貼る芯もさらに貼る。
・革を全体に触ったり、伸ばしてみたりして、どこをどう使うか考える。
・けっこう伸び具合が違ったり、周囲の方は薄くなっていたりするので、場所を選びます。



これからが大変です。
・カットした革を縫う場所は、薄く刃物で削ぐ。
・周囲を綺麗にするために、擦ったり、平らにしたり、塗料のようなコーティング材で色付けする。
少しずつ何度も、時には3回くらい薄く重ね塗り。

布の部分、革のパーツの部分をそれぞれ用意して・・・
あぁ、これで7割くらいは出来上がったかなという感じでしょうか?
後は、計画通りに組み立てて行くだけです。

何と地道な作業の多いことか・・・
ここまでは、退屈な気の遠くなるような道のりだけれど、だんだん形になっていく過程は、とても楽しいものです。


 <お客様オーダーのバッグ画像をお借りしました>


何でもそうですね!
簡単には到達できない。
ほしい物は、簡単には手に入らない。
つくづく思います。

でも、自分のずーっと望んでいた物が手に入った時は、ヤッター!という感じですよね。
だから、やめられないですね~