布と革と格闘してます!

私のバッグは、布と言ってもかなり厚手になっています。
芯も重ねて貼っていますし、布も重なるとけっこう硬いも
のです。
そこに牛革をのせたりしますから、それはそれは硬いです
牛革は、縫う部分を革包丁で薄く削ぎますが、それも大変
な作業です。
革バッグ専門でないので、削る機械はありませんから、
全部手作業で削ります。
夜な夜なジョリジョリ革を削ったりします。
地道な作業は、夜更けまで続きます。




縁取りをのせて革を縫っているところです。
これで、1㎜の芯を貼った生地が2枚と牛革1㎜くらいに削いだものが2枚重なっていることになります。
トータル4㎜弱。

硬いけれどまだ大丈夫!
でも、最後の部分で革がさらに重なり、合計6㎜近くなっているでしょうか・・・
そうなると、まれに針が折れることも。


最終段階になると、バッグは既に布と言うより箱状態になっています。
それを、上手い具合に平らな面にして、一針一針ゆっくり仕上げていきます。
気を抜く暇がありません。