見えない部分



新しくデザインするバッグには、それぞれ型紙が数枚必要です。
生地の裁断にも要りますが、芯地の裁断にも必要です。

ファスナーは、これに合わせてサイズを決めます。
ぴったり合うように、全てに印を付けておくようにします。


このような形のバッグの場合は、私は内袋を手縫いで
絎けています。
内袋は、微妙に外側より小ぶりに作り、バッグ本体とぴったり中に納まるように取り付けていきます。
全ての工程に、正確な採寸と目印が欠かせません。



ファスナー開閉のバッグに付けるファスナーは、自分で加工することもあります。
長いものを、食い切りという道具で、必要なサイズまで噛み合わせの金具を切っていきます。
気を付けないと、布の部分を破いてしまうので慎重にやります。

金具が互い違いに上手く噛み合うような位置で、ファスナー開きの部分を止める金具を取り付けます。
2個の留めは、微妙にずらして、ペンチで硬く固定します。

いずれも内側の地味な仕事ですが、バッグが出来上がるには欠かせない工程です。