刺繍でバッグに華やかさをプラス!



プリントでない生地には、刺繍などの装飾をすることもあります。
刺繍と言っても様々なやり方がありますし、生地の素材も色々なので用途に合わせて工夫をします。
こちらは、インドシルクにシルクのリボン刺繍をしています。



革のフラップにビーズ刺繍の装飾をする時には、オーガンジーに刺繍をしてそれをカットして使います。(左)
ウールに刺繍をしますと華やかにもなりますが、またハンドメイドの温もりも感じられますね。(右)

綿や麻などの生地には、下絵の図案を布用のカーボンのようなもので写してから刺繍をしますが、
ウールはふかふかしているのでそういうことが難しいです。
図案を写そうとしても、紙とカーボンに穴がブツブツと開くだけで、ほとんど無理です。



そこで私は、トレーシングペーパーに描いてある図案を、こんな風に仕付け糸で留めて、
大胆にも上から刺繍をしていきます。
どうもこれが一番手っ取り早いほうほうだということが分かりました。
必要が無くなった部分は、ピリピリと少しずつ丁寧に剥がしながらの作業です。